飲み代の節約方法


家賃や住宅ローンなどの住宅関連費を除いて、生活費の中に占めるウエイトが高い
のは食費ではないでしょうか。その中でも、飲み代は、1回につき予4,000円と計算し週に1回外で飲むと、それだけで、16,000〜20,000円のお金が掛かってきます。

しかも、忘新年会や学校時代の同窓会が入れば、1回あたりの予算や1ヵ月あたりの回数が高くなる傾向にありますので、それ以内では収まりません。また、生活費の中でいわゆる「使途不明金」は、ギャンブルなどをしないのであれば、それに「飲み代」が相当含まれているいるかもしれません。

そこで、お金が掛かると言われる「飲み代」の節約方法を紹介します。

食事メインのお店で飲む

とあるマーケティングリサーチ調査会社による、ビジネスパーソンの「外飲み」の調査結果によると、性別や年代の属性によっても変わってきますが、1回あたりの飲み代の平均予算は約4,000円の調査結果が出ました。


4,000円の予算は、普段からお酒を飲む人にとっては、妥当な金額ですが、お酒を飲まない人にとっては、高く感じるそうです。例え、親しい友人同士であっても、それは生活に密着していながらも、金銭感覚の差が最も現れやすい部分かもしれません。


そこで、飲み代を節約する方法を紹介します。飲む場所は、飲み屋さんではなく、食事メインのお店を活用するのです。例えば、料理3品飲み物2杯付きの「ほろ酔いセット」などのプランを活用すると、

居酒屋と比較すれば、その半額程度で飲み食いができるのです。

  

定食屋さんは、食事メニューが多くあるため、そのメンバーにお酒が苦手な人がいる場合は特に喜ばれますよ。そこで、飲み会に誘われた時の上手な交わし方を紹介します。例えば、その相手が親しい友人の場合だとすぐに断る訳にも行きません。そこで具体的に、お金がないので、飲む場所は飲み屋さんではなく食事ができる店で飲みたいと逆提案してみるのです。 


例えば、女子会であればパスタ店などを会場にすれば良いのです。そうすれば、お酒を飲む子も食事がメインな子にとっても良いですよ。飲み屋さんと違い、食事メニューは充実していることはもちろんのこと、デザートも取り揃えています。


食事メインの子なら、パスタとデザートで1,500円、お酒を飲む子なら、パスタとお酒で2,000円で充実したひとときを過ごすことができます。その節約効果は以外にも大きく、飲み屋さんで飲むのと比較すれば、1回につき1,000〜2,000円は節約できるのです。

 立ち飲み屋さんを活用

仕事帰りにふらりと飲みたくなることはありませんか。外で飲むとお金はかかってしまいますが、それを我慢し過ぎていると、何のために生きているのか見失ってしまうかもしれません。仕事帰りに、飲みたい気分になった時は、立ち飲み屋さんを活用するのです。立ち飲み屋さんは、文字のとおり立ちながら飲ませるので、座席などのスペース置いてありません。


ですので、お酒なども安く提供でき、気軽に一杯だけ飲みたい時には向いています。つまみも、100円代から取り揃えているので、1,000円もあれば、それなりに満足してしまうのです。


ちなみに、筆者が良く利用しているお店は、立ち飲み屋さんと営業形式が似ている立ち食い系のそば屋さんをよく利用しています。具体的に例えると、「駅そば」にアルコール類が加わったお店で、お酒2杯とざるそばにゆで卵を食べるのが定番ですが、1,000円でお釣りが来るのです。

外出先で、お酒を飲みたくなった時には利用していますが、居酒屋さんで飲むのと比較すれば、1回につき2,000円前後は簡単に節約できるので、体感的にもその効果が大きいのです。

 どうしても行きたくない飲み会は断る

飲み会のお誘いは楽しいですが、体の調子や気分が落ち込んでいる状態だと、例え親しい関係であっても、あまり気分が乗らないことがあります。ましてや、職場関係の飲み会だと、なおさらそのように感じることも多いのではないでしょうか。


そういう時は、誘われた相手によってシチュエーションを変えれば良いのです。いちばん有効な断り方は、「以前から予定が入っている」と伝えるのが相手も気分を不愉快にさせなくて済みます。


他人からのお誘いは、どうしてもネガティブに応対しがちですが、相手が友人などの関係であれば、言葉選びにも注意しなかければいけません。その時は、「楽しそうだね」と前置きもポジティブに接することがコツで、相手に「今度誘うから」と一言付け加えるだけでも納得してくれます。

飲み会を1回断るだけで、4,000〜5,000円は節約でき、その会によっては、それ以上節約できることも可能ですよ。

  

宅飲みとスーパーを活用

飲み会に誘われると、とにかく何かとお金が掛かれますよね。事あるたびに、参加していたらキリがないですし、家計にもあまり良くはありません。そこで、どうしてもお酒を飲みたい時は、自宅と地元のスーパーを有効に活用するのです。


筆者も、お酒が好きなので自宅から歩いて10分もかからない位置に、食品スーパーがありますが、1,000円もあれば充分なほど宅飲みを堪能することができます。気になるお酒は、例えば缶チューハイだと、350ml入りが100円程度でしているのでそれを2本購入し、それに総菜類やお菓子などのつまみを1〜2品購入すれば、余裕でお釣りが来ます。


また酒のアテになりそうなおつまみも、数多く取り揃えているので、活用しない手はありません。一回でも宅飲みの魅力にハマれば、例えば外で飲む回数が1月に5回だったのが、その半分の2〜3回まで減らすことも簡単です。


確かに、外飲みは、普段は飲めないお酒を飲めることは魅力的ですし、気の合った友人たちと一緒であれば、楽しさもひとしおですね。外で飲む回数を減らし過ぎると、我慢から来るストレスの原因にもなりかねませんので、筆者は月に2〜3回は居酒屋さんではなく、食事ができるの店で飲んでいます。

外飲みは、2次会やその後に食べるラーメンなどが美味しいので、ついつい誘惑に負けてしまいお金を使ってしまいます。ですので、外飲みの回数を今までの半分に減らすだけでも、1月あたり10,000円は楽に節約できますよ。

Copyright(C) All Rights Reserved.